--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/10/06(Mon)

普段見慣れているモノではありますが

D1000301.jpg

少し前の話になりますが、
ケロロのスタッフ数人と、ジブリのレイアウト展に行ってまいりました。

前回(男鹿さんの)展覧会の反省か、美術館と同じ予約方式。
しかし一回で入れるお客さんの量がハンパない為、
結局会場はギュウギュウすし詰め状態…ヽ(  ̄д ̄;)ノ ウヒー

内容についてはどうなんだろう??
展示数1300点は多くないですかね?? 自分は半分の点数でよかった気がします。
何か、しっかりセレクトした、というよりも、掻き集めました!という印象。
まあ、レイアウトなんて、廃棄物モノなんで無くなって当然といえば当然の代物では
あるんですが。
(むしろよくあそこまで残っていたなぁ、とはおもいます)

宮崎さん他、主要スタッフの原画マンの方々の生線画が見れた事はすごくうれしかったですね。
せめてどなたのカットか知りたかった…。
あとは原図だけじゃなくて動きのラフまでまとめてみたかったなぁ。
…てコアなコメントですみません。

ちょっと意外だったのが、案外宮崎さんが直に描いたものが少なかった事。
始めのうち(ナウシカやラピュタ)あたりはやはり主要なシーンは直に描いて(修正いれて)いる
ように見えましたが、後半の作品にはほとんど見られない。
(見つけきれなかっただけ??)
まあ、「ジブリ」というスタジオが大きくなるにつれて、信頼できるスタッフも増えてきた、と
いう事なのでしょうか。

それにしても宮崎さんの描くレイアウトはやっぱ、他とは断然違いますね(当たり前か^^;)
緻密に描き込むわけではないのだけれども、きちんと気持ちいい所にキャラクターを収め、
その流れに最適な見せ方と、適度な情報量の画面。
「アニメ」という表現手法の一番気持ちいいトコロを知っている、そんな感じのレイアウトでした。
面白いのが、高畑作品は完全に対照的。
とにかく写実主義、リアル(現実)。レイアウトに求める情報量(描きこみ具合)がハンパないです。
そこまで描かんでも!とうなりたくなる(笑)ものばかりでした。
(山田くんは絵としてはシンプルだけどやはり写実的ですねー)

D1000299.jpg

写真は壁にプリントされた巨大レイアウト!( ̄O ̄;)
一体何Frあるんだ!(笑)
当人からすると、まさか自分の描いたレイアウトがこんな状態で沢山の人に見られることに
なるなんて思ってもいないだろうなぁ(笑)
D1000300.jpg

てか、この「もののけ姫」のレイアウトって、
ケロロでコンテやってもらっている笹木さんでは??
字がクリソツです!
(お会いした事がないので定かではありませんが、笹木さんは元ジブリの原画マンという話)


最後にお土産で買った、
カワイイジブリグッズの中で唯一、異彩(爆)を放つコレ!(´▽`;)/
D1000302.jpg
まだ栽培してません。
これからやってみようかと(´ー`)

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。