--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/09/06(Thu)

切ない映画

「ロミ×ジュリ」最終話の作業真っ最中の今日この頃ですが
少し時間がとれたので以前に買ったままで観れずにいた
「鉄コン筋クリート」のDVDを観ました。





…泣きました!

まさか、4℃がこんな(失礼!)切ない青春映画を寄こしてくるとは!
てかマイケル・アリアスさんて何者?(失礼!)
こんな日本人的な感覚の映画が作れるなんて!スゴ過ぎです!

映像がすごいのは当たり前なのですが
(もうアニメに限界なんて無いんじゃないかと思わせてくれる)
前編に漂う切ない空気が堪らなくいいんですよね。
かといって、ただリアルさ一辺倒だけを追求するだけではなく、
アニメとしての面白さ(非現実的だが、気持ちのよい動き)や
「絵」としての表現の幅の広さを惜しげもなく魅せてくれています。

冷静に見れば、少しベタなストーリー展開ではあるのですが、
完璧なる「映像美」がそれに説得力をもたせてくれているので、
何の違和感もなく、観ている人を物語の中に引き込んでいきます。

あとは役者の演技力もすごいです。
主人公のクロの二宮和也、シロの蒼井優この二人は別格ですね。
特にシロに関しては
「これほんとに蒼井優っすか?!」ってくらい
11歳の少し知恵の遅れつつも心の純粋な少年を演じ切っていると
思います。

いつもマイナーなクリエイト路線の4℃が(ホントに失礼!)
ここまでストレートな映画を世に出してくれた事がホントに
うれしいです。

 
原作未読なので、買おうっと。
スポンサーサイト
Home | Category : 映画、DVD |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback1
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。